東日本大震災の被災地の借入状況

東日本大震災での即日融資可能なキャッシング問題

人の一番の悩みは、お金の問題だと言います。表面上は違っていても、よく考えると結局は金銭的な問題に行き着くというのは、本当のところです。

 

東日本大震災でも、やはりこのお金の問題が発生しました。想定外の津波により家がそのまま流されたり、地震によって建物が徹底的に破壊されたり、原発の放射能漏れで周辺に住めなくなったりと、悲惨な状況になりました。

 

被災者にとっては、住む場所というのは一番お金の掛かるところなので、苦労したと聞きます。国からの支援も金銭的なものはなかなか受けられなかったので、即日融資可能なキャッシング業者が代わりに融資をしたなどの問題があったようです。

 

震災時などは、過去の経験から食料品などは比較的に早く支給されますが、お金の支給が遅れがちというのは問題ですね。国の支援金以外に日本赤十字などに集まった義援金も団体にプールされたままなかな被災者には渡りません。

 

被災者のために募金したはずの義援金も、実際には実効性の薄い怪しげな公共事業に資金が流れたり、不透明な使い道が問題視されています。

 

こういった問題は明らかでしたが、なぜか大手のマスコミ関係ではあまり取り上げられませんでした。政治家の不正などでもそうですが、報道したのは週刊誌などのメディアです。

 

それでもどこからか圧力がかかったのか、徹底的なキャンペーンをはっていくというよりも単発的な記事が掲載されたくらいです。そのようななか、活躍したのが消費者金融業者やカードローン会社です。

 

東日本大震災で被害を受けた利用者の借入金の支払いを一時的にストップしたり、利息の支払いの減免措置など支援策を行いました。また即日融資可能なキャッシングのサービスも震災後すぐに提供しています。

 

被災者としてはやはりお金の問題は深刻です。被害地域から安全な場所に移住したいといっても、それなりの資金が入りますし、こういった消費者金融からの借り入れで助かった人たちはたくさんいました。

 

いまだにサラ金扱いして消費者金融やカードローン会社に偏見を持つ人たちがいますが、実際には本当に有用な支援策を行っているのはこういった業界だったのです。

 

アコムやプロミス、モビットなど有名な業者が一斉に支援をしています。マスコミはこういったことは報道しませんが、実際に行われたことです。

 

やはり災害時には、食料品や生活必需品の支給とともに、金銭的な支援を迅速に行うのが重要と言えます。これからの課題だと思います。

 

以前は、キャッシングをするのにも実店舗まで行かなければならず、大変でした。でも今では、土日や祝日でも即日融資可能な業者が増えていて便利になりました。

 

しかもスマホやパソコンなど、WEBだけで完結する仕組みも当たり前となっています。ただそれぞれの業者により、条件が違います。たとえば平日だと14時までに審査に通っていないと駄目、など条件があります。

 

特に普通の銀行振込主体の借入を希望する場合は、通常の金融機関の振込時間や営業日などの影響を受けるので要注意です。大人気の即日キャッシングですが、直前になって当日の借入ができないことに気が付く人もいるので、必ず確認したほうがいいです。

 

ただプロミスなら、ジャパンネット銀行か三井住友銀行にネット口座を持っていれば、24時間年中無休の振込サービス「瞬フリ」というサービスが利用できます。

 

これがアコムなら、楽天銀行にオンライン口座があれば同様のサービスを受けられます。このようにオンラインだけで済ませようとすると、特定の銀行の口座を持っていないと行けない場合があります。

 

つまり平日の早い時間以外は、翌営業日振込となってしまうので、遅い時間や土日の場合で即日融資を希望するなら、自動契約機で申込しましょう。

 

特に週末なら時間が取れるので、自動契約機まで行っても手間はかからないでしょう。キャッシングで即日融資可能な業者なら、たいていこういった機械を設置しているので、自宅から近い場所まで行って申込手続きをします。

 

忘れてはならないのは運転免許証などの身分証明書と、場合によっては収入証明書類です。プロミスやアコムでは、収入証明書を提出すると、勤め先の在籍確認をなしにして審査をしてくれるので、事前にその旨を伝えておくといいです。

 

審査に通れば、すぐにカードが発行されるので、その場にある専用のATMで借入することができます。ただ審査時間で30分から1時間位待たされるので、ネットで申込だけ済ませておくのも一つの方法です。

 

事前に審査に通っておけば、後はカードを作りに自動契約機まで行くだけです。この方法なら週末でも即日融資可能なキャッシングをすることができます。

 

やはり知人や親からお金を借りると、人間関係にヒビが入ったり問題になることが多いです。なるべくなら後腐れなく処理したほうがいいでしょう。そのため消費者金融の申込も人気が出てきているようです。

続きを読む≫ 2014/09/25 23:28:25

東日本大震災では、原発や津波など複合的な災害が起こり、今でも被災地に多くの傷跡を残しています。

 

実際に福島の当たりに行ってみても、まだまだ復興しているとは言えません。当然放射能の汚染地域は、かなり長い期間、人が住む許可も降りないでしょう。

 

そのような中で、やはり被災者の一番の問題は、お金に関することです。仕事もまだ震災前のような状態に戻れていない人が多いです。普通の人でも転職などは厳しい状況ですから、家を失って移住を余儀なくされた人などはなおさら厳しい状況です。

 

そのような中で、正社員になれた人はかなり恵まれています。それでも以前より収入が落ちてしまった人が大半ですが・・・。

 

ただ多くの人が、派遣社員やアルバイトなど非正規労働者になっています。これらの職業だと収入的には独身でも苦しいです。被災者の場合は、子供がいたり高齢の親を養っているというケースもたくさんあるので、やはり経済的な困窮者の問題が発生しています。

 

何故かマスコミも、このような金銭的な問題はあまり取り上げません。災害直後の食糧問題や、住む場所についてなどはよく取材をしたりするのですが、お金の問題はなにかタブー視されている面があります。

 

そして現実問題、国や地方からの被災者専用の融資も、まったく金額的に足りないというのが現実です。そもそも希望者が全員、融資を受けられるわけでもありませんでした。一体、あの多額の義援金等は、どこに消えてしまったのでしょうか?

 

多くは、無駄な公共事業に浪費されたり、不透明な資金の流れが見られます。日本赤十字でも、集まった義援金が被災者にはわたらずストックされていたり、別な目的に使われていたりします。

 

そのため災害に合った人々は、個人で消費者金融にキャッシングをしたりしています。結局は、民間業者がセーフティーネットになっているのです。

 

消費者金融に対して悪いイメージを持っていた人も、認識が変わってきているようです。プロミスやアコムなどは、積極的に被災地の支援を行ったり、返済の期限の延長などの対策を打ち出しています。

 

国や地方やNGOよりも、よほど貢献度は高いと言えるでしょう。今後は利用者の返済の問題も発生しますから、国も仕事の斡旋など、現実的な支援策を打ち出して行く必要があるでしょうね。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/09/24 22:54:24

改正貸金業法の総量規制のおかげで、消費者金融のキャッシングは、無職の人はできません。

 

でも東日本大震災の被災者の中には、利用した人もいました。何とか仕事を続けることができた人と、とりあえずアルバイトをしながら、収入を確保した人です。

 

主にプロミス土日キャッシングなどは、借入方法の中でも人気がありました。金融機関が休みの、週末や祝日でも即日融資が可能なので、仕事をしながらでも利用しやすいという点が人気がありました。

 

それとプロミスは、震災後すぐに被災者への優遇措置を打ち出したことも利用者が増えた要因ですね。他の消費者金融よりも早く、返済を一時的にストップする措置を発表したりと、動きが早く被災地でも好意的に受け入れられました。

 

震災前にプロミスを利用していた人は、かなりいたはずですが利息も当面払わなくても良くなったので、かなり助かったはずです。他のカードローン会社もこういった動きに追随していましたが、2番煎じの印象は拭えませんでした。

 

ただやはり法律上の問題があり、職が見つからなかった人たちはキャッシングできなかったので、苦しかったでしょうね。多くの国民が寄付した日本赤十字などの義援金や、国の復興支援金も個人にはしっかりと行き渡っていません。

 

本来なら優先的に個人に支給されなければいけないお金が、利権まみれで他地域の建設業者に渡ってしまったり、無駄な公共事業に使われたり浪費されているにが最大の問題点ですね。

 

このような状況なら、優良な消費者金融には、災害時のような緊急事態に限り、総量規制を超えて融資できるようにしたほうがいいですね。

 

今回の東日本大震災でも、比較的に早く再就職できたのは、若い人がやはり多かったです。高齢者や体に持病がある人などは、仕事を得るのは大変な状況でした。

 

そのような中で、闇金などに手をだしてしまった人もいました。違法業者はこのような震災などは、儲けのチャンスと考えて積極的に営業を展開していきます。

 

やはり法律を改正して、国が認可した消費者金融には特例措置を設けるなどの対策が必要ですね。

続きを読む≫ 2014/08/17 22:25:17

被災者が借入しようとすると、特別の復興支援金や民間の義援金などの融資を除くと、かなり困難な状況となります。

 

それは多くの人たちが、一時的に職に付けなかったり、職場自体が破壊されて働くどころではなくなっているからです。通常民間の消費者金融やカードローン会社でキャッシングを使用としたり、銀行の融資を受けようとすると、必ず定期収入が必要になってきます。

 

銀行だとさらに担保を要求されたり、そこそこ有名企業や公務員勤めでもないと不利な条件になることもあります。

 

またこれらの会社では、勤務先の在籍期間の長さなども審査の対象になります。ある程度これが長くないと、借入金額をかなり抑えめにされてしまうこともあります。

 

定期収入がチェックするのは、金融庁の指導により総量規制という制限があるからです。これは改正貸金業法という法律から出てきたもので、もともとは多重債務者にならないように、キャッシングに制限をかけるためのものでした。

 

これによりプロミスのような正規の業者を利用している場合、定期収入がない人は借入ができなくなっています。

 

基準としては、年収の3分の1までしかキャッシングすることができません。クレジットの情報機関にデータが登録されているので、消費者金融業者の借入金が合算して計算されます。

 

そのため多重債務者という状態を、防ぐしくみになっています。ただ闇金のような違法な業者は、もちろんこのような規制は無視して貸し付けをしています。

 

ただ今回のように東日本大震災のようなケースだと、総量規制もうまく機能しない面もあります。多くの人が無職状態なので、即日お金が必要なのにも限らずプロミスなど優良業者からはキャッシングできません。

 

就職活動や、他の土地に移住するのにも資金がいります。復興支援金も一応貸し付け制度があるのですが、すべての人が借り入れできる状況ではありません。

 

結局、ヤミ金業者が暗躍するなどひどい状況も一部にあります。この問題に関する法整備はすぐにでもしていかないといけませんね。